メインコンテンツにスキップする
どこから始めればよいかわからない?簡単なクイズに答えて、あなたに合った提案を得ましょう。
Google Scholar:裁判事例、学術論文とソースにアクセス
15 minutes完了する
Google Scholar:裁判事例、学術論文とソースにアクセス
厳然たる事実と専門家の意見を素早く見つける。
Google Scholar:裁判事例、学術論文とソースにアクセス
{{ image.alt }
ソースのソース

Google Scholar は豊富な学術文献を見つけられる検索ツールです。アクセス可能な情報マテリアルには学術出版、専門的な団体職能集団、オンラインのデータベース倉庫、大学やウェブサイトにある記事、論文、本、抄録、判決理由が含まれます。(※日本は対応している資料が異なります)

ソースのソース
{{ image.alt }
ストーリーに役立つ文献を探す

投票選挙区域の再編について調べているとしましょう。scholar.google.comを開き「投票選挙区域の再編」または簡単に「選挙区域の再編」を検索します。 結果には教育者、法律家、世界中の著者から、関連書類、意見、研究が含まれます。

ストーリーに役立つ文献を探す
{{ image.alt }
ホームページで結果を改善

 結果を改善して有益な情報を見つけるための方法がいくつかあります。

記事と(アメリカの)判決例 を選択して開始します。

連邦裁判所または家庭裁判所を選ぶことによって、さらに検索結果を狭めることができます。


アメリカの裁判所のリストにアクセスするには裁判所を選択をクリックします。


メニューで検索オプションを選択すると、特定の言葉や作家、日付を使って結果を絞り込める画面が現れます。 


To start, choose Articles and Case law (for the US). 


You can further narrow your search by choosing Federal or local courts.


To access a list of courts around the United States, click Select courts.


If you select Advanced Search in the menu, a window will appear that allows you to narrow your results using specific words, authors or dates.

ホームページで結果を改善
結果ページで結果を改善

 結果ページも、結果を絞り込むためのいくつかの方法を表示しています。


左の欄でドロップダウンメニューをクリックして記事と判決例を選択します。


判決例は、連邦裁判所の資料か家庭裁判の資料が欲しいかを指定できます。


結果は日付で並べ替えられます。


場所で結果を絞り込むには、関心のあるエリア名と一緒に検索します。(例えば選挙区再編, カリフォルニア)

結果ページで結果を改善
情報を更に探す

記事の全体を読むには、購読が必要なことがあります。しかし、ほとんどの場合は抄録や要約を読むことができます。これらの検索方法はいくつかあります:


項目の右側ライブラリリンクをクリックします。


結果の下のバージョンまたは関連をクリックします。


追加の結果を探すには関連する記事をクリックします。


さらなる情報を見るためには、引用をクリックします。

情報を更に探す
ストーリーを伝えるのに役立つ人を探す

専門のソースを探すためにGoogle Scholarを使うことができます。例えば、投票選挙区域の再編に関するあなたの記事に、引用または深くトピックを研究している人からインサイトを得たいとします。


実用的な結果や下線が引かれた著者の名前を見つけたら、クリックしてユーザープロフィールを確認しましょう。


著者のプロフィールは著者によって書かれた追加の記事と書かれているトピックのリストを含みます。


著者のプロフィールのトピックをクリックすることで、同じトピックをカバーする他の著者を見つけることができます。


ソースが特に豊富だと思われる場合、そして個人サイトへのリンクがある場合には、ホームページをクリックしてあなたのストーリーで引用したり、コメントしてコンタクトを取れることもあります。


その他の関連する著者を見つけるには ユーザープロフィール の検索バーを使うこともできます。

ストーリーを伝えるのに役立つ人を探す
Google Scholarの引用

 マイプロフィールボタンは、著者がいつどこで自分の記事や意見、研究発表などが引用されたのかを追跡することができます。画面が小さすぎない限り、ブラウザ左上角に現れます。その場合にはメニュー>マイプロフィールをクリックします。


学術論文や本を出版した場合、プロフィールを作成して、例えば政治学ジャーナルで扱われる投票選挙区域の再編に関するこの記事など、自身の出版物をGoogle Scholarで追跡することができます。

Google Scholarの引用
{{ image.alt }
Google Scholarプラグイン

*GoogleはChrome、FirefoxそしてSafariで、学術論文を閲覧することができるScholarプラグインを用意しています。

この拡張機能は、どのウェブページからでもGoogle Scholarへ簡単にアクセスできるブラウザボタンを、あなたの画面に追加できます。

読んでいる書籍のタイトルをハイライトして文献ボタンをクリックし、画面を閉じることなく結果を表示します。

Google Scholarプラグイン
{{ image.alt }
簡単なクイズに答えて、学んだことを確認しましょう。
Google Scholar に関する説明は、以下のどれが最も当てはまりますか?
次へ
1_FMBGqK5.jpg
質問5の2
次のうち Google Scholar にないものはどれですか?
次へ
2_Y1pH8F6.jpg
質問5の3
Google Scholar の検索結果を絞り込むことは次の方法ではできません。
次へ
3_p1ejrKG.jpg
質問5の4
Google Scholar の判例法を検索する場合は、検索範囲を最高裁、巡回裁判所、州裁判所を含むほとんどの米国裁判所に絞り込むことができます。次のうち、あなたが使用できない絞り込みはどれですか?
次へ
4_Q9k8wiB.jpg
質問5の5
記事の要約は主に無料ですが、記事全文にアクセスするには購読が必要な場合があります。記事全文を探すにはどのようなテクニックを使用できますか?
提出する
5_UU3YjY0.jpg
クイズ完了
おめでとうございます、クイズを完了しました
授業を見直して、もう一度挑戦しましょう
クイズをやり直す