メインコンテンツにスキップする
どこから始めればよいかわからない?簡単なクイズに答えて、あなたに合った提案を得ましょう。

ニュースエクイティファンド

Googleはこのたび、「ニュースエクイティファンド」を立ち上げました。これまで取り上げられることが少なかったコミュニティについて報じる報道機関に経済的支援を提供するグローバルな取り組みです。

私達が目指すのは、インクルージョンを強化し、多様なニュースエコシステムを後押しし、特に、世界中でこれまであまり取り上げられてこなかった人々のためにつくす中小規模の報道機関を支援することです。

申し込みプロセス

申込みは2022年6月22日(水)に開始され、7月21日(木)午後11時59分(太平洋標準時)に締め切ります。

オンライン申請フォームから、応募者の媒体、組織、資金使途の詳細に関する情報を提供していただきます。申請書を提出することにより、ニュースエクイティファンド 利用規約 に同意したものとみなされます。提出された申請書は、審査され、申請窓口の締め切り日からできるだけ早く資金が提供されます。応募者には、応募状況を電子メールでお知らせします。

応募フォームは英語で記入したもののみが受け付けられますが、応募フォームの質問事項に関しては翻訳したものが利用可能です 日本語

フォーム記入のために追加サポートが必要な場合、または質問がある場合は、newsequityfund@google.comにご連絡ください。

申込みの資格要件

  • これまであまり取り上げられてこなかった人々に独自ニュースを提供している中小規模の報道機関。
  • ニュースエクイティファンドは、フルタイム勤務のジャーナリスト1-50人を雇っている独立したニュースルームを対象としています。
  • 資格要件を満たすのは、例えば以下のような組織です。営利または非営利の伝統的な報道機関、デジタルメディア、ニュースレター、ポッドキャスト、ラジオ、テレビ局、報道に関する協会などで、これまであまり取り上げられてこなかったグループに関して報じている組織。
  • 資格要件を満たす応募者は、定期的にニュースコンテンツを発信している必要があります。
  • 資格要件を満たす応募者は、ライフスタイルやスポーツなどではなく、コアなニュースを焦点としている必要があります。
  • 資格要件を満たす応募者は、デジタルで確認できる活動(ニュースコンテンツを発信しているウェブサイトなど)を持ち、最低でも12ヶ月以上継続的に活動している必要があります。
  • 法人化または登録された協会や組織、登録された学術団体や非営利組織などで、これまで取り上げられることが少なかった人々について報じるジャーナリストが所属する組織は、対象地域に拠点をおいていれば、すべて資格要件を満たしています。
  • 政府が所有していたり、政党が所有または提携する組織は応募要件を満たしません。
  • 英語で記入された応募フォームのみを受け付けます。

対象地域

応募する組織は、対象地域(下記を参照)の一つで法人化または登録されている必要があります。法人化されていない組織は、対象地域の一つに拠点がある必要があります。対象地域によっては、ニュースエクイティファンドから資金を受け取る際に適用される法律が存在することがあることにご注意ください。その場合、応募者は、資金を受け取る前に関係する当局から必要とされるすべての許可を得るなど、法律を遵守する責任があります。

対象地域

  • アジア太平洋
    オーストラリア、バングラデシュ、ブータン、ブルネイ、カンボジア、クック諸島、東ティモール、イースター島、フィジー、香港特別行政区、インド、インドネシア、日本、ラオス、マカオ特別行政区、マレーシア、モルディブ、モンゴル、ミャンマー、ネパール、ニューカレドニア、ニュージーランド、パキスタン、パプアニューギニア、フィリピン、サモア、シンガポール、ソロモン諸島、韓国、スリランカ、台湾、タイ、トケラウ、トンガ、ツバル、バヌアツ、ベトナム
  • ヨーロッパ
    オーストリア、アルバニア、アンドラ、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ジョージア、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、モナコ、モンテネグロ、オランダ、北マケドニア、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サンマリノ、セルビア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、ウクライナ(いわゆるドネツク人民共和国(DNR)とルガンスク人民共和国(LNR))
  • 中東とアフリカ
    アルジェリア、アンゴラ、バーレーン、ベニン、ボツワナ、ブルキナファソ、ブルンジ、カメルーン、ケープベルデ、中央アフリカ共和国、チャド、コモロス、コンゴ(ブラザビル)、コンゴ民主共和国(DRC)、ジブチ、エジプト、赤道ギニア、エリトリア、エチオピア、ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、ギニアビサウ、イラク、イスラエル、アイボリーコースト、ヨルダン、KSA、ケニア、クウェート、レソト、リビア、レバノン、リベリア、マダガスカル、マラウィ、マリ、モーリタニア、モーリシャス、モロッコ、モザンビーク、ナミビア、ニジェール、ナイジェリア、パレスチナ、オマーン、カタール、ルワンダ、サントメ・プリンシペ、セネガル、セイシェル、シエラレオネ、ソマリア、南アフリカ、スーダン、南スーダン、スワジランド、タンザニア、トーゴ、チュニジア、トルコ、ウガンダ、 UAE、西サハラ、ザンビア、ジンバブエ
  • 北米
    カナダ、アメリカ合衆国、アメリカ合衆国海外領土
  • カリブ海
    アンギラ、アンティグア・バーブーダ、アルバ、バハマ、バルバドス、英領バージン諸島、ケイマン諸島、ドミニカ、ドミニカ共和国、グレナダ、グアドループ、ハイチ、ジャマイカ、マルティニーク、モントセラト、ナバッサ島、オランダ領アンティル、プエルトリコ、サン・バルテルミ、セントクリストファー・ネービス、セントルシア、セントマーチン、セントビンセント及びグレナディーン諸島、トリニダード・トバゴ、タークス・カイコス諸島、英領バージン諸島
  • ラテンアメリカ
    アルゼンチン、ボリビア、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ペルー、ウルグアイ、ベネズエラ

支援金

支援金は一括で支払われます。金額はニュースルームの規模や応募要件を満たした申込みの数に応じます。

選考プロセス

第一次選考は各地域のデジタルメディアやジャーナリズムに詳しいGoogleスタッフのチームで実施されます。さらなる選考について、Googleは既存の第三者機関とも協力して進めます。その後、応募者に電子メールで支援について連絡し、資金提供の契約書へのサインを求める流れとなります。選考された応募者は、資金受領に際して、Googleが指定する決済サービスに登録する必要があります。

よくある質問

  • ニュースエクイティファンドは、これまであまり取り上げられてこなかったコミュニティ向けに独自ニュースを発信する中小規模の報道機関を対象にしています。応募資格は、オンラインで発信(ニュースコンテンツを掲載するウェブサイトなど)し、少なくとも12か月は運用されている必要があります。ニュースエクイティファンドは、1-50人のフルタイムで働くジャーナリストがいるニュースルームをサポートし、対象となる応募者は、ライフスタイルやスポーツではなく、コアなニュース提供に焦点を当てている必要があります。対象となる応募者には、例えば、営利または非営利の伝統的な報道機関、デジタルメディア、ラジオ/テレビ局などが含まれます。また、「対象地域」というタイトルのセクションで提示されている地域の1つで登録または法人化されている必要があります。政府所有の事業体および個人は応募資格がありません。

  • 第一次選考は各地域のデジタルメディアやジャーナリズムに詳しいGoogleスタッフのチームで実施されます。チームはすべての応募について資格要件を確認し、資金提供について決定します。その後、応募者に電子メールで支援について連絡し、資金提供の契約書へのサインを求める流れとなります。Googleはさらなる情報を求めて応募者に連絡をとることもあります。選考の進捗は電子メールで連絡いたします。また、Googleは選考について慎重に確認するため、既存の第三者機関とも協力します。

  • 応募は[こちら]のオンラインフォームから可能です。応募締切は2022年7月21日(木)午後11時59分(太平洋標準時)です。できる限り早く応募フォームを提出されることをお勧めします。

  • 応募者は応募する組織の関連情報をオンライン応募フォームに記入することを求められます。また、ニュースエクイティファンド応募の利用規約への同意が求められます。こちらの応募フォームを御覧ください。

  • 申込みに必要なドキュメントはオンライン応募フォームのみです。要件を確認するために、Googleは以下のような情報を必要とします(ただし、これらに限定されません):

    1. 設立日や登録番号などの企業/組織情報
    2. 住所、URL、フルタイム勤務のジャーナリストの人数
    3. ニュースエクイティファンドを何に活用するかの簡単な説明
    4. 最近の報道へのリンク

    こちらから応募フォームをご確認ください。提出前にPDFでダウンロードし、チェックすることも可能です。

  • ニュースエクイティファンドの利用規約はこちら

  • はい。私達は要件を満たすすべての応募について選考対象とします。できるだけ早く応募することをお勧めします。

  • 担当チームに連絡する際は newsequityfund@google.com.
    までメールをお願いします。選考プロセス中は、応募者は追加情報の提供を求められることがあります。

  • 1媒体(1つのニュースルーム)につき、応募は一度までです。同一企業に属する複数の異なる媒体がそれぞれに応募することは可能です。ただし、Googleは資金ができるだけ広く行き渡るようにするために、企業やグループ単位で支援金の上限を設定する権利を有します。

  • Googleは今回の応募に関連して提供を受けた個人的な情報について、私達のプライバシーポリシーに基づいて処理します。ニュースエクイティファンドの利用規約で定められている通り、応募者はビジネスに関する機密情報を提供しないようにしてください。

  • 応募した組織は、ニュース発信をする独自のジャーナリズムを補強することに資金を使う必要があります。ニュースエクイティファンドの利用規約 で、要件を満たす支出のリストをご確認ください。

  • ビジネス上の機密情報とは、もし開示されたら、競合相手に有利に働いたり、あなたに重大な害を与えかねない情報です。

    さらなる詳細はニュースエクイティファンドの利用規約をご確認ください。

    どのような情報がビジネス上の機密情報であるかを判断するのは、あなた自身です。しかし、疑問がある場合は、独立した法的助言を求めることをお勧めします。

  • 応募の受領後、できるだけ早く審査結果をお知らせします。応募が集中することが予想されるため、返答時期を保証することはできません。提出された情報は、遅くとも2022年12月までに審査され、可能な限りタイムリーに資金が提供される予定です。応募者の皆様には、電子メールにて応募状況をお知らせします。