メイン コンテンツへスキップする
CMS Vendors
newspack

Newspack

Automattic

Newspack は、Automattic が提供する「ちょうどよいサイズ」の WordPress です。パッケージと価格は主に北米の小規模ニュース メディア向けになっています。

  • Newspack は、基本となる WordPress にニュース メディア向けの機能をいくつか追加したものです。テクノロジー、ホスティング、サポートが 1 つのサービスにまとめられており、料金も比較的安価です。
  • このプラットフォームでは、利用できるプラグインが特定のものに限られ、利用者が自分で拡張することもできません。特に小規模なニュース メディア向けになっており、「デフォルトの状態のまま」使用することが想定されており、中規模のニュース メディアには不十分でしょう。
  • Newspack の顧客は 200 社に上っており、そのほとんどが北米の会社です。The Real News Networkspacenews.comThe CurrentCalMatters などが顧客に名を連ねています。

対象顧客

Newspack は、技術リソースが少ない、あるいはまったくない、小規模なニュース メディアに最も適しています。また、このプラットフォームの収益関連の機能は簡単なものだけですが、それで十分と考えられるニュース メディアにも適しています。「顧客が求めるものを自分たちで判断し、シンプルにパッケージ化する」という Newspack のアプローチに共感できるなら、最適なソリューションになります。つまり、Newspack が考えるニュース配信のベスト プラクティスに納得できる小規模ニュース メディアに適していると言えるでしょう。その他のカスタマイズ機能や、ワークフローなどのより高度な機能が必要な場合は、WordPress の他のバリエーションか、別のプラットフォームを検討した方がよいでしょう。

概要

メインの対象顧客

小規模の独立系ニュース メディア

次点の対象顧客

極めて小規模の独立系ニュース メディア

特に力を入れている地域

北アメリカ

サポート受付時間

メール: なし

電話: 緊急性の高い問題やサイトがオフライン状態のときは電話サポートを利用可能(365 日対応)

Slack: 午前 8 時~午後 8 時(EST)

ユーザー インターフェースの対応言語

英語

サードパーティによる言語サポート

利用可能

ライセンス モデル

ニュース メディアの収益の一部(3~6%)。月額 750 米ドルから

ソリューションの概要

総合的なパブリッシング プラットフォーム。ただし、カスタマイズ機能は乏しく、現時点では収益化機能も不十分

基盤テクノロジー

WordPress、PHP

クラウドモデル

マネージド サービス(PaaS)

本社

カリフォルニア州サンフランシスコ

従業員数

27 人

顧客の評価

  • 非常にシンプルなので、利用者は理論的には技術チームなしでも管理できる。ただし、編集チームのスタッフが設定を調整したいと思ったら、実際には多少のトレーニングが必要になる
  • Newspack のサポートは比較的対応が迅速で、コミュニティも非常に助けになる
  • テクノロジー、ホスティング、サポートも含めて、各種機能が非常に安価で提供されており、一つの妥当な料金パッケージにまとめられている
  • 同梱の「Jetpack 検索」については、多くの利用者が不満を抱いており、代わりの機能を探すしかなくなっている
  • Newspack は外部のプラグインを使用することを奨励していないため、プラットフォームの拡張性が不十分
  • (ネイティブでも統合した場合でも)ニュースレターとメール管理の機能の使い勝手が悪い
  • 新たにリリースされた「Reader Activation」という収益関連のツールは、まだ開発の段階であり、外部のニュースレター プラットフォームと十分に統合されていない

背景

  • カリフォルニア州サンフランシスコに本社がある Automattic は、WordPress 関連のサービスを少なくとも 3 つ販売しています。最も一般的な WordPress.com のサービスは、小規模企業や個人をターゲットにしています。「Newspack」は小規模ニュース メディア向けです。WordPress VIP(このガイドの他のページで紹介)は、大規模ニュース メディアなど、構造が複雑で規模が大きいブランドのニーズに対応できます。
  • Newspack は 2019 年に発表され、Automattic と Google ニュース イニシアティブがニュース業界のいくつかの企業と共同開発したものです。このプロジェクトは、プラットフォーム、サポート、ホスティング サービスを 1 つのパッケージにまとめ、中小規模の報道機関に提供すること目的としていました。当初は十数社のニュース メディアが利用していましたが、現在では 200 以上のメディア企業が利用しています。Newspack は Automattic が保有する株式非公開会社です。複数の出資者から資金提供を受けていますが、最大の出資者は Google ニュース イニシアティブです。
  • Newspack は、基本的には WordPress にいくつかのプラグインを追加したものです。プラグインはオープンソースのもので、理論的には各自がライセンス料なしで導入できますが、サポート サービスを利用する場合は、Newspack の商用プランに加入する必要があります。
  • 機能面では、バニラ状態(標準状態)の WordPress とほぼ同様です。つまり、コンテンツを作成するためのブロック エディタと、パブリッシング関連の基本的な機能が利用可能です。Newspack では、WordPress のコア機能の強化を通じて、ゲスト作成者などのいくつかの機能が追加されています。プラグインを利用することで、フォームやアンケート、ソーシャル用ボタン、ニュースレター購読フォーム、サードパーティのさまざまな埋め込み要素も追加できます。Newspack では、統合型のニュースレターや広告配信など、ニュース メディア向けのプラグインをセットにして提供しています。
  • 2023 年初頭、Newspack は「Reader Activation System」という収益関連の新しいツールセットをリリースしました。このセットには、メッセージングやユーザー登録、購読、寄付、メールおよび CRM プラットフォームの統合関連のツールが揃っていますが、新しいツールなので入念にテストした方がよいでしょう。
  • このプラットフォームでは、読者の行動に基づくセグメンテーションやメッセージングの機能もセットになって提供されています。たとえば、購読状況やよく見るカテゴリ、寄付状況などの属性に応じて、読者にメッセージを送ることができる便利な機能です。ニュースレター関連では、ニュースレターの作成と管理用の機能が組み込まれていますが、MailChimp、Constant Contact などの外部サービスを使用することもできます。
  • WordPress VIP とは異なり、Newspack は技術リソースが不十分な小規模ニュース メディアをターゲットにしています。Newspack は、そうしたニュース メディアが何を求めているのかを予測し、それだけを提供しています。実際、Newspack 自身も「自説を曲げない」プラットフォームであると認めており、自分たちが最良と思うものを提供したいと考えています。カスタムの統合機能や WordPress 用追加プラグインなど、このプラットフォームにない機能を追加する必要がある場合は、Newspack にそれを導入するよう要望を送る必要がありますが、断られる場合もあるかもしれません。つまり、利用者自身が WordPress の広大なエコシステムの中から好きなプラグインをダウンロードして、環境を拡張することはできないということです。
  • Newspack のプランの価格は収益に紐付けられ、通常は利用者の年間収益の 3~6% となります。年間収益が 25 万米ドルに満たない場合でも、月額約 750 米ドルは支払う必要があります。
  • Automattic 全体の 3,000 人の従業員のうち、Newspack の従業員は 30 人未満です。少人数のチームなので、基盤となる WordPress のサポートについては、親会社に大きく依存しています。Newspack は顧客に専門サービスを提供するため、BlueLena という企業と提携しています。
  • Newspack は Slack(のみ)でサポートを提供しており、対応時間は、米国の標準的な営業時間を延長したものになっています。ほとんどの顧客は北米にいるため、それで問題はないようです。将来的には、ヨーロッパやその他のタイムゾーンでのサポート受付時間を追加する可能性があるという情報もあります。

Package scope (as reported by vendor)

Core platform - i.e., bundled in product (yes/no/beta) Add-On (yes/custom/3rd party)
Content lifecycle: author / classify / edit / approve / publish / re-purpose / archive / dispose
はい
Basic digital / voice / media asset management
はい
Support print publishing
いいえ
Simple social media re-publishing
はい
Optional modules: forms / polls / social widgets / etc
はい
Connector library (OOTB connectors, APIs, etc.)
はい
Bundled CDN (with DDOS protection)
はい
User registration
はい
Subscription management and fulfillment - digital
はい
3rd Party
定期購読またはメンバーシップ
いいえ
パーソナライズ
はい
Ad management - digital
はい
Ad management - print
いいえ
コンテンツ管理
いいえ
3rd Party
調査
はい
コンテンツ管理
はい
Video management / OVP
はい
Audio management / podcasting
はい
データ ジャーナリズムとデータの可視化
いいえ
3rd Party
Classifieds
いいえ
3rd Party
Commenting / community features/
はい
3rd Party
Newsletter production and management
はい
Notifications and alerts
いいえ
3rd Party
A/B testing
いいえ
3rd Party
SEO
はい
Multi-title management with variable inheritance
いいえ
Complex layout and subsite / subsection cloning
はい
AR- / VR- enhanced services
いいえ
3rd Party
読者のセグメンテーション
はい
Online user / partner forums
いいえ
Regular user group meetings
いいえ
Interested in the CMS?
Go to vendor
Leave and lose progress?
By leaving this page you will lose all progress on your current lesson. Are you sure you want to continue and lose your progress?