メイン コンテンツへスキップする
CMS Vendors
WordPress VIP のロゴ

WordPress VIP

Automattic

WordPress VIP は、Automattic が提供する大企業向けのマネージド ホスティング サービスです。一部の大手ニュース メディアも利用しています。

  • WordPress VIP は、高度なセキュリティやホスティング、サポート、コンテンツ分析、パーソナライゼーションなど、いくつかの「エンタープライズ向け」機能を WordPress に追加したソリューションです。
  • そのため VIP は、構造が複雑で、そうした高度な機能に追加料金を支払うこともできる大規模ニュース メディアに適しています。中小規模のニュース メディアは、WordPress の「Newspack」プラットフォームを選ぶ傾向があります。
  • VIP を利用している大規模ニュース メディアとしては、News Corp、Gannett、Al Jazeera、MediaNews Group、Bloomberg などが挙げられます。

対象顧客

WordPress VIP は、高度なニーズ(拡張性、セキュリティ、信頼性、マルチサイト管理など)に対応するために十分な技術リソースを保有している大規模ニュース メディアに適しています。コンテンツ分析やパーソナライゼーションの機能も含まれていますが、ニュースレター管理、CRM、ペイウォールや購読関連の機能については、プラグインを追加するしかなく、開発やカスタマイズの作業も相当量必要になります。

シンプルなユースケースの場合は、このプラットフォームは機能が過剰でコストも高くつくため、Automattic が販売している Newspack の方が適しています。

概要

メインの対象顧客

大規模なニュース メディア

次点の対象顧客

中規模の独立系ニュース メディア、チェーン展開している中規模ニュース メディア

特に力を入れている地域

北アメリカ

サポート受付時間

メール: 24 時間 365 日

電話: なし

ユーザー インターフェースの対応言語

英語

サードパーティによる言語サポート

利用可

ライセンス モデル

同社によれば、最低取引規模は 2 万 5,000 米ドル、一般的な取引規模は年間 10~50 万米ドルとのことです。

ソリューションの概要

大企業向けのコンテンツ作成機能やウェブサイト管理機能を備えるコンテンツ マネジメント システム(CMS)であり、収益化やニュース関連の一部の機能についてはプラグインの追加が必要です。

基盤テクノロジー

WordPress、PHP

クラウドモデル

マネージド サービス(PaaS)

本社

カリフォルニア州サンフランシスコ

従業員数

300

顧客の評価

  • ヘッドレス モードで WordPress を実行できるため、好きなツールを使用して独自のフロントエンドを構築できる
  • 編集関連の機能(特に Gutenberg エディタ)がシンプルで使いやすい
  • WordPress 自体の柔軟性と拡張性が非常に優れている
  • Automattic が会社として非常に安定しており、カスタマー サポートも迅速
  • マルチステップのワークフローやカスタムのコンテンツ タイプなど、大規模ニュース メディアが求める重要機能がいくつか不足している
  • 多くの大規模ニュース メディアはデジタル媒体と印刷媒体の両方でコンテンツを提供しているが、WordPress には印刷媒体向けのサービスがなく、ネイティブで印刷媒体向けのワークフローを統合することもできない
  • コンテンツのプランニング ツールがないため、特定のスケジュールやコンテンツのトラフィックを抽出することが難しい
  • 共同編集機能がない

背景

  • カリフォルニア州サンフランシスコに本社がある Automattic は、このガイドの中でも特に規模が大きいプロバイダで、2015 年以降のベンチャー キャピタルからの出資額は 9 億 8,500 万米ドルに達しています。Automattic の従業員 2,000 人のうち、子会社の WordPress VIP が占める人数は約 300 人です。
  • Automattic は WordPress 関連のサービスを少なくとも 3 つ販売しています。最も一般的な WordPress.com のサービスは、小規模企業や個人をターゲットにしています。「Newspack」(このガイドの別のページで紹介)は小規模ニュース メディア向けです。そして WordPress VIP は、「大規模メディア企業や大手ブランド」のニーズに応えるため、2006 年にリリースされました。
  • VIP の編集作業を支援するサービスは、実質的には通常の WordPress とほぼ変わりません。つまり、コンテンツ作成にはブロック エディタを使い、パブリッシング関連の機能は基本的なものしかありません。さまざまなタイプのコンテンツやワークフローを作成できる機能など、高度なニーズを抱えている構造が複雑な大規模ニュース メディアの場合は、そうした機能がないため、WordPress 用プラグインを使用することが推奨されています。そうしたプラグインは多岐にわたっており、デベロッパーの意見を仰ぎながら吟味して導入することになります。
  • WordPress VIP の特長は、大企業のニーズに合った機能がいくつか追加されていることです。パフォーマンスや可用性が向上しているほか、デベロッパー向けツールやアプリケーション管理、モニタリングの機能などもあります。基本のサービス以外に、ホスティングやサポート、コンテンツ分析、パーソナライゼーション、強力な Elasticsearch の検索エンジンも付随しています。
  • コンテンツ分析とパーソナライゼーションの機能は、2021 年に Parse.ly を買収したときに WordPress に追加されました。以降、WordPress VIP はこの統合を強化し続けています。Parse.ly は引き続き他の CMS プラットフォームとも連携していますが、WordPress との連携が最も緊密です。これらの機能により、高度なコンテンツ分析機能を利用したり、A/B テストを実施したり、Parse.ly のパーソナライゼーション エンジンが導き出した推奨事項を確認したりできます。
  • WordPress は、特に中核部分が PHP ベースである点や、フロントエンドのテーマ設定システムの面で旧式化しており、刷新する取り組みが進められています(たとえば Gutenberg によって編集機能が改善され、WordPress Headless によって独自のフロントエンドを構築できるようになりました)。Newspack などのシンプルなバージョンを導入するケースでは、問題に気づかないこともありますが、WordPress VIP のプラットフォームのカスタマイズや拡張を行う際は、技術的負債に注意しましょう。
  • WordPress VIP の価格は使用量とサポートのレベルによって決まります。WordPress VIP は、最小規模の顧客の場合は年間約 3 万 5,000 米ドルと回答しています。大企業の顧客は「100 万米ドル単位」の利用料を支払っています。選択できるサポートレベルは次の 3 つです。
    • プラットフォーム サポート: 標準的なソフトウェア サポート
    • アプリケーション サポート: 顧客が作成したアプリケーションに関するサポートと、コードの問題についてデベロッパーがデベロッパーにサポートしてもらえるサービスが追加されるほか、ガイダンスやコードの品質検査も提供
    • プレミア サポート: 顧客のブランド ウェブサイトの構築から展開、メンテナンス、最適化まで、あらゆる面を対象としたガイダンスやプランニング、トレーニング、コンサルティング サービスを提供
  • Automattic は導入サポートは提供しておらず、WordPress VIP のロールアウトについては、多くの場合、インテグレーターやコンサルティング会社のサービスを利用するよう推奨しています。Automattic 自身の専門サービスは、パフォーマンスのモニタリングと改善、リリースのサポート、移行支援に限定されています。

Package scope (as reported by vendor)

Core platform - i.e., bundled in product (yes/no/beta) Add-On (yes/custom/3rd party)
Content lifecycle: author / classify / edit / approve / publish / re-purpose / archive / dispose
はい
Basic digital / voice / media asset management
はい
Support print publishing
いいえ
Simple social media re-publishing
はい
Optional modules: forms / polls / social widgets / etc
はい
3rd Party
Connector library (OOTB connectors, APIs, etc.)
はい
Bundled CDN (with DDOS protection)
はい
User registration
はい
Subscription management and fulfillment - digital
いいえ
3rd Party
定期購読またはメンバーシップ
いいえ
パーソナライズ
いいえ
Ad management - digital
いいえ
Ad management - print
いいえ
コンテンツ管理
はい
調査
はい
コンテンツ管理
はい
Video management / OVP
はい
はい
Audio management / podcasting
はい
はい
データ ジャーナリズムとデータの可視化
はい
Classifieds
いいえ
3rd Party
Commenting / community features/
はい
はい
Newsletter production and management
いいえ
はい
Notifications and alerts
いいえ
はい
A/B testing
いいえ
はい
SEO
はい
Multi-title management with variable inheritance
はい
Complex layout and subsite / subsection cloning
はい
はい
AR- / VR- enhanced services
いいえ
3rd Party
読者のセグメンテーション
はい
Online user / partner forums
はい
Regular user group meetings
はい
Interested in the CMS?
Go to vendor
Leave and lose progress?
By leaving this page you will lose all progress on your current lesson. Are you sure you want to continue and lose your progress?