メイン コンテンツへスキップする
CMS Vendors
WordPress ロゴ

WordPress Foundation

Managed WordPress

世界各地の多数のサービス プロバイダが、Automattic 以外のオプションとして WordPress 向けのマネージド ホスティング サービスやセキュリティ サービスを提供しています。

  • そうしたサービスは、シンプルな Newspack とエンタープライズ向けの WordPress VIP の中間に位置しています。
  • そのため、WordPress ソリューションを独力でカスタマイズできるリソースと自信がある中規模のニュース メディアに最適です。
  • あらゆる機能が揃っていますが、基本的にインフラストラクチャのレベルは中級程度です。一方で価格のバリエーションは豊富です。
  • Stanford Daily NewsThomson ReutersPandora など、メディアやエンターテイメント業界の顧客が存在します。

対象顧客

この種の「シンプルな」マネージド ホスティング サービスは、技術リソースが十分に足りていて、WordPress プラットフォームそのものの使用経験も豊富な中規模のニュース メディアに適しています。Automattic の Newspack と WordPress VIP の間に位置する質のよい中級レベルのオプションと言えます。あるいは、Newspack よりもさらにコストを抑えたい場合にも適していますが、その場合は、WordPress アプリケーションそのもののカスタマイズを利用者自身が行うことになるため、そこで予想されるコストを考慮する必要があります。

概要

メインの対象顧客

中規模の独立系ニュース メディア

次点の対象顧客

小規模の独立系ニュース メディア

特に力を入れている地域

グローバル

サポート受付時間

メール: サプライヤーによって異なる

電話: サプライヤーによって異なる

ユーザー インターフェースの対応言語

英語

サードパーティによる言語サポート

利用可

ライセンス モデル

大部分は月額 / 年額制サブスクリプション(サプライヤーによって異なる)

ソリューションの概要

十分な技術リソースがあり、収益や読者関連のモジュールなど、ニュース固有の機能については、サードパーティのプラグインを使用したくないと考えているニュース メディアに適したパブリッシング プラットフォーム

基盤テクノロジー

WordPress、PHP

クラウドモデル

マネージド サービス(PaaS)

本社

ベンダーによって異なる

従業員数

ベンダーによって異なる

顧客の評価

  • 幅広く深い部分までカバーしているオープンソース コミュニティがあるため、さまざまなサードパーティ モジュールを利用して、機能を拡張したり、一般的なデジタル マーケティング プラットフォームと統合したりできる
  • ホスティング サービスやクラウド サービスの選択肢がきわめて多く、価格の幅も非常に広いため、Newspack の代わりになるより安価なサービス(その分機能が劣る場合がある)も簡単に見つかる
  • エンタープライズ向けの多くの機能(ワークフローやメール、パーソナライズなど)が中核部分に組み込まれておらず、外部のプラグインを使用するしかない
  • プラグインは多数あるが、セキュリティ ホールや悪意のある攻撃、非互換性などが原因でサイトに害が及ぶ危険性があるため、だれかが入念に監視する必要があり、そのためにコストがかかる場合もある
  • 安価なサービス プロバイダは旧式のインフラストラクチャを使用していることが多い

背景

  • 一部の推計データでは、WordPress はウェブサイトを作成、管理するツールとして最も普及しているとされています。そのため、世界各地の多数のホスティング会社が WordPress 向けのマネージド ホスティング サービスを提供しています。基本的には利用者自身が WordPress をインストールします(このサービスは、Automattic がホストする WordPress.com と区別して、一般に WordPress.org として知られています)。
  • WordPress は元々はブログ作成ツールでしたが、設定の簡単さや使いやすさが広く認知されていました。その結果、より伝統的なウェブ コンテンツ マネジメント システムとしての人気がさらに高まりました。ただ、CMS として使用する際に、コンテンツを細かいパーツに分解して再利用やパーソナライズを行うなど、エンタープライズ向けの機能が必要な場合は、不足が目立ちます。
  • こうしたプロバイダは、名目上は編集作業を支援するサービスを提供していますが、それは実質的には通常の WordPress とほぼ変わりません。つまり、コンテンツ作成にはブロック エディタを使い、パブリッシング関連の機能は基本的なものしかありません。WordPress VIP でも、さまざまなタイプのコンテンツやワークフローを作成する機能など、より高度なニーズには対応できません。プロバイダがさまざまな WordPress プラグインを紹介してくれるでしょう。こうしたプラグインは、デベロッパー向けヘルプを参照しながら吟味し、導入することができます。
  • プロバイダはさまざまなレベルのサービスを提供しています。WordPress を含め、どのようなものでもインストールできる共有ホスティング サービスを提供しているプロバイダもいます。WordPress のインストール環境にいくつかの最適化を施した WordPress 専用のホスティング サービスもあります。また、WordPress 設定のアップデートやセキュリティ、パッチ適用を自動化するサービスもあります。WP Engine、Cloudways、SiteGround、Dreamhost などのサービス プロバイダが有名です。そのほかにも何千ものプロバイダが世界各地のあらゆる地域で、さまざまな価格でサービスを提供しています。非常に安価な月額プランを用意しているプロバイダも多いですが、そのような場合は注意が必要です。そのような格安プランは、旧型のインフラストラクチャを使用していて、すでに過剰な数のサイトにサービスを提供している可能性があります。
  • 一般的には、WordPress のマネージド サービスの価格は、月額制または年額制のサブスクリプション モデルになっています。この価格は、サイトの数(または WordPress のインストール数)、帯域幅、ストレージ、CPU などの要件によって決まります。どのようなプロバイダでもこの形でサービスを提供しており、共有ホスティング、仮想専用サーバー(VPS)、専用ホスティングなど、さまざまなタイプがあります。共有ホスティングの場合は月額 5 米ドルから利用できますが、専用ホスティングの場合は大幅に高くなり、月額数百~数千米ドルはかかります。価格に差がある理由はインフラストラクチャ(共有か専用か)だけではありません。機能以外の属性(信頼性、拡張性、パフォーマンスなど)や、追加サービス(統合機能やカスタムのプラグインなど)も差を生む理由になっています。一般的に、クラウドホスティングの選択肢は多岐にわたりますが、格安のサービスは避けた方がいいでしょう。
  • ほとんどのケースで、マネージド サービス プロバイダは導入支援は行っていません。カスタマイズする場合や拡張機能を利用する場合は、インテグレーターのサポートを利用するか、社内で WordPress に精通したスタッフを見つける必要があります。その代わり、設定を細かく指定して、多くのプラグインやテーマを利用できます。独自のプラグインやテーマを作成することもできます。その意味では、そうしたサービスは Newspack よりも WordPress VIP に近いと言えます。
  • 既定の設定での導入は非常に簡単ですが、プラットフォームを拡張する場合は簡単ではありません。WordPress を利用する大企業は、プラグインの開発や統合に要するデベロッパーの労力を過小評価しています。このプラットフォームの DevOps サービスは依然として未熟で、大人数のチームが共同で取り組むのではなく、WordPress に詳しい 1 人のデベロッパーが取り組む方が良いかと思われます。

Package scope (as reported by vendor)

Core platform - i.e., bundled in product (yes/no/beta) Add-On (yes/custom/3rd party)
Content lifecycle: author / classify / edit / approve / publish / re-purpose / archive / dispose
はい
Basic digital / voice / media asset management
はい
Support print publishing
Simple social media re-publishing
はい
Optional modules: forms / polls / social widgets / etc
いいえ
はい
Connector library (OOTB connectors, APIs, etc.)
はい
Bundled CDN (with DDOS protection)
いいえ
はい
User registration
はい
Subscription management and fulfillment - digital
いいえ
はい
定期購読またはメンバーシップ
パーソナライズ
いいえ
はい
Ad management - digital
いいえ
はい
Ad management - print
コンテンツ管理
いいえ
はい
調査
はい
コンテンツ管理
いいえ
はい
Video management / OVP
いいえ
はい
Audio management / podcasting
いいえ
はい
データ ジャーナリズムとデータの可視化
いいえ
はい
Classifieds
いいえ
はい
Commenting / community features/
はい
はい
Newsletter production and management
いいえ
はい
Notifications and alerts
いいえ
はい
A/B testing
いいえ
はい
SEO
いいえ
はい
Multi-title management with variable inheritance
いいえ
Complex layout and subsite / subsection cloning
いいえ
はい
AR- / VR- enhanced services
いいえ
はい
読者のセグメンテーション
はい
Online user / partner forums
いいえ
Regular user group meetings
いいえ
Interested in the CMS?
Go to vendor
Leave and lose progress?
By leaving this page you will lose all progress on your current lesson. Are you sure you want to continue and lose your progress?